スタイラスペン対応のiPhone、2019年に登場か

Appleがスタイラスペンを搭載したiPhoneを開発しているとThe Investorが報じている。早ければ2019年に登場するとのことで、複数のスタイラスペンメーカーと協業に関する話し合いを進めていると伝えられている。

スタイラスペン搭載のスマートフォンと言えば「Galaxy Note」シリーズが思い浮かぶ。内蔵されている「S-Pen」は電磁誘導方式(MER)を採用しているが、より自然な書き心地が実現でき、より安価なスーパーキャパシタ(電気二重層キャパシタ)を採用する模様。

情報元によると、スタイラスペンをサポートすることに伴い、「A」シリーズチップの性能模飛躍的に向上すると予想される。「iPhone X」に搭載されている6コアの「A11 Bionic」チップでさえも性能が足らず、「一部のタッチパフォーマンスにおいて妥協を強いられた」と説明している。

iPhoneのApple Pencil対応に関する特許を取得済み

iPhoneのスタイラスペン対応は果たして現実的なのだろうか。

事実として、故Steve Jobs氏はスタイラスペンを全否定したことはあまりにも有名な話だが、Tim Cook氏率いるAppleになった今、iPhoneがスタイラスペンに対応する可能性はいくらでもある。

Patently Appleによると、Appleは過去に「Apple Pencil」のiPhone対応に関する特許を複数取得していることが判明。「Apple Pencil」の小型モデルに関する記述もあったことから、今回報じられている内容に関係しているかもしれない。

ただ、「Galaxy Note8」のようにスタイラスペンが内蔵されているiPhoneが登場するとは考えづらく、すべてのユーザーが必ずしも必要としないアクセサリーをiPhoneに同梱することも考えづらい。

個人的な予想では、「iPad mini」を置き換える存在として「iPhone 8 Plus」と同じ筐体サイズを持つ全面ディスプレイモデルが登場し、そのモデルで利用可能になる小型の「Apple Pencil」が登場する、と考えてみたが、果たして本当に登場するのだろうか。

もっと読むiPhoneニュース・噂 ・最新情報まとめ

FOLLOW / 最新情報を購読