スーパーGT:LEXUS TEAM ZENT CERUMO 2017年第7戦タイ 予選レポート

2017 AUTOBACS SUPER GT Report
Chang SUPER GT RACE

第7戦 チャン・インターナショナル・サーキット(タイ)

ZENT CERUMO LC500
#38 立川祐路/石浦宏明

◆10月7日(土) QUALIFY
公式予選総合結果 5位(1分25秒365)

<公式予選>天候:曇り コース状況:ウエット

 10位完走という悔しい結果に終わった第6戦鈴鹿から1ヶ月強。2017年のSUPER GTは、海を渡りタイ王国ブリラムにある、チャン・インターナショナル・サーキットでの第7戦を迎えた。LEXUS TEAM ZENT CERUMOにとっては、チャンピオン争いのためには落とせない一戦。SUPER GTのレギュレーションでは、最終戦まで残り2戦目となるこのラウンドでは、ウエイトハンデがこれまでの半分のポイントと同数となるため、ZENT CERUMO LC500もふたたび優勝を争う戦闘力を取り戻すことが期待された。

 チームメンバーは10月4日(水)にタイ入り。また、立川祐路、石浦宏明のドライバーふたりも5日(木)と早めにタイに入り、しっかりと準備を整え6日(土)の公式予選日を迎えた。今年で4回目となるタイでの開催は、これまでずっと酷暑のドライコンディションでのレースだったが、今季は前日から不安定な天候。この日も夜半に強い雨が降っていた。

 午前10時からの公式練習に向けてチームは準備を進めていたが、午前9時ごろから、タイらしい激しいスコールが降る。これで路面は一気にウエットとなったが、公式練習開始直前に止み、強い日射しが降り注ぐと、路面は急速に乾いていった。

 ZENT CERUMO LC500はウエットタイヤを履き、立川がステアリングを握りコースイン。セットアップを進めていく。ただ、その最中の現地時間午前11時09分、ターン1を走行していた立川が、まだ濡れていたコースアウト側の縁石に足を取られてしまいスピンオフ。マシンの左側をヒットしてしまった。立川らしからぬクラッシュで、当たり方が悪ければ大きなダメージを負ってしまったところだったが、損傷を最小限に収め、なんとか立川は自走でピットへ戻った。

 チームは応急処置を施し、専有走行の時間も使って石浦をコースに送り出したが、最終的にこの公式練習では立川が20周、石浦が13周をこなし、石浦の1分24秒764がベストタイムに。順位は9番手という結果となった。ZENT CERUMO LC500