SBK第11戦レース1:カワサキのレイが圧倒的な独走で12勝目。5レースを残し3年連続タイトル獲得

 スーパーバイク世界選手権(SBK)第11戦フランス、マニクール・サーキットでレース1を行ない、ジョナサン・レイ(カワサキ)が優勝した。

 今レースでタイトル確定の可能性があるレイは、初日の2回のフリー走行で総合トップとなりスーパーポール2に進出。2日目のセッションは朝のフリー走行3回目からウエットとなり、フリー走行総合11番手以下のライダーによって争われるスーパーポール1ではレアンドロ・メルカド(アプリリア)がトップ、ダビデ・ジュリアーノ(ホンダ)が2番手でスーパーポール2に進出する。


ジョナサン・レイ(カワサキ)

 ウエットで争われたスーパーポール2では、レイがセッション序盤に3コーナーで転倒、一度ピットに戻る波乱の展開となる。ウエットの滑りやすい路面の中、マルコ・メランドリ(ドゥカティ)、ロレンツォ・サバドーリ(アプリリア)、ユージン・ラバティ(アプリリア)らが転倒、ラバティはセッション中に2回転倒を喫する。

 15分のセッションの残り6分を切ったあたりで再びコースインしたレイは、残り2分を切ったところでトップに浮上、チェッカー直前に1分56秒555を記録して今シーズン5回目のポールポジションを獲得。レース1でのタイトル確定に挑むことになった。

2017SBK第11戦スーパーポール
2017SBK第11戦スーパーポール

 2番手に1分57秒758でスーパーポール1から勝ち上がったメルカドが続き、トム・サイクス(カワサキ)が1分58秒088で3番手。

 4番手に1分58秒447でチャビ・フォレズ(ドゥカティ)、5番手に1分58秒719でアレックス・ロウズ(ヤマハ)、6番手に1分58秒926でジュリアーノ、7番手に1分58秒936でチャズ・デイビス(ドゥカティ)、8番手に1分59秒377でレオン・キャミア(MVアグスタ)、9番手に1分59秒637でユージン・ラバティ(アプリリア)、10番手に2分00秒357でマイケル・ファン・デル・マーク(ヤマハ)の順で続いた。サバドーリは2分04秒679で11番手、メランドリは2分05秒173で12番手。前戦ポルトガルで負傷、今レースを欠場したステファン・ブラドル(ホンダ)の代役として参戦するジェイク・ガニエ(ホンダ)は18番手。

 決勝第1レースのスタート時間には雨は上がり、青空ものぞいていたが、路面はウエットコンディションのまま21周のレースのスタートが切られた。

ジョナサン・レイ(カワサキ)
ジョナサン・レイ(カワサキ)

 レイはポールポジションから好ダッシュでトップに立つと、2番手以下がポジション争いを繰り広げる間にリードを開き、1周目を終えて、2番手のチャズ・デイビス(ドゥカティ)に約2秒4の差をつけるなど序盤から独走。周回を重ねるごとにその差を開き、6周目の段階でその差を10秒とすると、終盤の18周目には18秒差までリードを拡大。圧倒的な独走でトップでチェッカーを受け、5レースを残して2017年のSBKチャンピオンを確定。2015年以来となるSBK3連覇を達成した。

ジョナサン・レイ(カワサキ)
ジョナサン・レイ(カワサキ)

 レイが独走した後、序盤はサイクスとデイビスが2番手を争っていたが、4周目あたりからデイビスが遅れ始め、サイクスが単独2番手に浮上する。タイトル獲得の可能性を残すサイクスは、レイを追ったものの、その差は開くばかり。レース終盤までサイクスは2番手をキープしていたものの、残り4周目あたりでマルコ・メランドリ(ドゥカティ)がサイクスに追いつき、テールtoノーズのバトルとなる。何度か順位を入れ替えた二人だったが、勢いに勝るメランドリが最終ラップに2番手に浮上、そのまま2位でチェッカーを受け、僅差の3位にサイクスが続いた。

マルコ・メランドリ(ドゥカティ)
マルコ・メランドリ(ドゥカティ)

 レオン・キャミア(MVアグスタ)が4位、アレックス・ロウズ(ヤマハ)が5位、ユージン・ラバティ(アプリリア)が6位に続き、予選2番手からスタートしたレアンドロ・メルカド(アプリリア)は序盤こそ上位につけたものの、次第に順位を落とし、7位に入賞。ダビデ・ジュリアーノ(ホンダ)が8位に続いた。

2017SBK第11戦レース1表彰台
2017SBK第11戦レース1表彰台

 マイケル・ファン・デル・マーク(ヤマハ)は2周目の5コーナーで転倒、再スタート後追い上げて9位に入賞。デイビスは周回を重ねるごとに順位を落とし、最終的に10位でゴールとなった。

 以下、SBKレース1の順位結果。

■第11戦フランス レース1順位結果

Pos. No. Rider Team/Machine Time/GAP
1 1 J.レイ カワサキ・レーシング・チーム(Kawasaki ZX-10R) 40’06.523
2 33 M.メランドリ Aruba.it レーシング-ドゥカティ(Ducati 1199 Panigale R) +16.316
3 66 T.サイクス カワサキ・レーシング・チーム(Kawasaki ZX-10R) +16.666
4 2 L.キャミア MVアスグタ・レパルト・コルセ(MV agusuta 1000 F4) +22.133
5 22 A.ロウズ パタ・ヤマハ・オフィシャルWSBKチーム(Yamaha YZF R1) +41.210
6 50 E.ラバティ ミルウォーキー・アプリリア(Aprilia RSV4 RF) +1’02.101
7 36 L.メルカド IODAレーシング(Aprilia RSV4 RF) +1’02.281
8 34 D.ジュリアーノ レッドブル・ホンダ・ワールド・スーパーバイクチーム(Honda CBR1000RR) +1’05.775
9 60 M.ファン・デル・マーク パタ・ヤマハ・オフィシャルWSBKチーム(Yamaha YZF R1) +1’09.271
10 7 C.デイビス Aruba.it レーシング-ドゥカティ(Ducati 1199 Panigale R) +1’17.429
11 32 L.サバドーリ ミルウォーキー・アプリリア(Aprilia RSV4 RF) +1’30.899
12 40 R.ラモス チームカワサキ・ゴー・イレブン(Kawasaki ZX-10R) +1’39.111
13 35 R.デ・ロサ Althea BMWレーシングチーム(BMW S1000 RR) +1’40.891
14 81 J.トーレス アルシアBMWレーシングチーム(BMW S1000 RR) +1’54.311
15 84 R.ルッソ グアンダリニ・レーシング(Yamaha YZF R1) +1Lap
16 37 O.ジェゼック グリッリーニ・レーシング・チーム(Kawasaki ZX-10R) +1Lap
17 121 A.アンドレオッティ グアンダリニ・レーシング(Yamaha YZF R1) +1Lap
18 13 A.ウエスト カワサキ・プッシェティ・レーシング(Kawasaki ZX-10RR) +1Lap
45 J.ガニュ レッドブル・ホンダ・ワールド・スーパーバイクチーム(Honda CBR1000RR) +2Lap(リタイア)
12 X.フォレズ バーニーレーシングチーム(Ducati Panigale R) +4Lap(リタイア)