「iPhone 8 Pro」のホームボタン表示エリア、サイズ変更や非表示が可能に?!

「iPhone 8 Pro」は全面ディスプレイを採用するためホームボタンが廃止され、代わりに画面内に表示されるバーチャルホームボタン(仮想ホームボタン)が用意されると予想されている。

デベロッパーSteve Troughton-Smith氏は、「HomePod」のファームウェアから、かつて「ファンクションエリア」と呼ばれていたホームボタンが表示されるエリアは可変式となっていて、状況に応じて表示と非表示を切り替えることができることを発見。

また、このホームボタン表示エリアのカラーを変更するAPIは用意されず、その下にタブバーが設置されていることが分かったと伝えている。

動画再生時はホームボタン表示エリアが非表示になる

実際に「iPhone 8 Pro」のディスプレイがどのように使われるかをまとめた画像がある。赤い領域がステータスバーとホームボタン表示エリア(ファンクションエリア)、青いエリアが「iPhone 7」のディスプレイ解像度となっている。

黄色いエリアは「iPhone 8 Pro」によって余る画面エリア。これがどのように活かされるかは不明。


全画面動画再生時はホームボタン表示エリアが非表示になる
とのこと。サードパーティアプリはこの領域を利用することはできない。

KGI証券のMing-Chi Kuo氏は「iPhone 8 Pro」が有効エリア5.15インチの5.8インチ型全面ディスプレイを搭載し、有効エリア以外は「ファンクションエリア」になると、今年2月16日時点で伝えていた。

(via Cult Of Mac

もっと読むiPhoneニュース・噂 ・最新情報に関する記事まとめ