外国人「アメリカは京都に原爆を落とすつもりだったって本当!?」

アメリカは京都にも原爆を落とそうとしてた!? 海外の反応。

外国人「もし京都に原爆を落とされてたら大変なことになってたな・・・。」

 

アメリカが京都に原爆を落とそうとしていたことについての海外の反応。


1945年5月10日、11日の時点でアメリカが投下目標にしたリストはこちら↓(ウィキペディアより抜粋)

京都市:AA級目標
広島市:AA級目標
横浜市:A級目標
小倉市:A級目標

このとき以下の3基準が示された。

直径3マイルを超える大きな都市地域にある重要目標であること。
爆風によって効果的に破壊しうるものであること。
来る8月まで爆撃されないままでありそうなもの。

1945年5月28日、第3回目標選定委員会、京都市、広島市、新潟市に投下する地点について重要な決定がされ、横浜市と小倉市が目標から外された。

投下地点は、気象条件によって都度、基地で決定する。
投下地点は、工業地域の位置に限定しない。
投下地点は、都市の中心に投下するよう努めて、1発で完全に破壊する。

これらの原子爆弾投下目標都市への空爆の禁止が決定された。禁止の目的は、原爆のもたらす効果を正確に測定把握できるようにするためである。これが「○○には空襲がない」という流言を生み、一部疎開生徒の帰郷や、他の大都市からの流入を招くこととなった。

1945年5月29日、目標から外された翌日に横浜大空襲。
1945年6月1日、暫定委員会(委員長:ヘンリー・スチムソン陸軍長官)は、
原子爆弾は日本に対してできるだけ早期に使用すべきであり、
それは労働者の住宅に囲まれた軍需工場に対して使用すべきである。
その際、原子爆弾について何らの事前警告もしてはならない。
と決定した。

なお原子爆弾投下の事前警告については、BBC(ニューデリー放送)やVOA(サイパン放送)で通告されていたという説もあるが、確認されていない。
この経過の中で、4つの目標都市のうち京都が次の理由から第一候補地とされていた。

人口100万を超す大都市であること。
日本の古都であること。
多数の避難民と罹災工業が流れ込みつつあったこと。
小さな軍需工場が多数存在していること。
原子爆弾の破壊力を正確に測定し得る十分な広さの市街地を持っていること。

しかし、フィリピン総督時代に京都を訪れたことのあるスチムソン陸軍長官の強い反対や、戦後、「アメリカと親しい日本」を創る上で、京都には千数百年の長い歴史があり、数多くの価値ある日本の文化財が点在、これらを破壊する可能性のある原子爆弾を京都に投下したならば、戦後、日本国民より大きな反感を買う懸念があるとの観点から、京都への原子爆弾投下は問題であるとされた。

1945年6月14日、京都市が除外され、目標が小倉市、広島市、新潟市となる。しかし京都への爆撃禁止命令は継続された。

1945年6月16日~終戦まで、通常兵器による空爆第三期。中小都市への焼夷弾爆撃の時期。

1945年6月30日、アメリカ軍統合参謀本部がマッカーサー将軍、ニミッツ提督、アーノルド大将宛に、原子爆弾投下目標に選ばれた都市に対する爆撃の禁止を指令。同様の指令はこれ以前から発せられており、ほぼ完全に守られていた。

新しい指令が統合参謀本部によって発せられない限り、貴官指揮下のいかなる部隊も、京都・広島・小倉・新潟を攻撃してはならない。
右の指令の件は、この指令を実行するのに必要な最小限の者たちだけの知識にとどめておくこと。
1945年7月3日、それでもなお、京都市が京都盆地に位置しているので原子爆弾の効果を確認するには最適として投下を強く求める将校、科学者も多く存在し、その巻き返し意見によって再び京都市が候補地となった。

1945年7月20日、パンプキン爆弾による模擬原子爆弾の投下訓練が開始された。

1945年7月21日、ワシントンのハリソン陸軍長官特別顧問(暫定委員会委員長代行)からポツダム会談に随行してドイツに滞在していたスチムソン陸軍長官に対して、京都を第一目標にすることの許可を求める電報があったが、スチムソンは直ちにそれを許可しない旨の返電をし、京都市の除外が決定した。

1945年7月24日、京都市の代わりに長崎市が、地形的に不適当な問題があるものの目標に加えられた。

スチムソン陸軍長官の7月24日の日記には「もし(京都の)除外がなされなければ、かかる無茶な行為によって生ずるであろう残酷な事態のために、その地域において日本人を我々と和解させることが戦後長期間不可能となり、むしろロシア人に接近させることになるだろう(中略)満州でロシアの侵攻があった場合に、日本を合衆国に同調させることを妨げる手段となるであろう、と私は指摘した。」とあり、アメリカが戦後の国際社会における政治的優位性を保つ目的から、京都投下案に反対したことが窺える。

トルーマン大統領のポツダム日記7月25日の項にも「目標は、水兵などの軍事物を目標とし、決して女性や子供をターゲットにする事が無いようにと、スティムソンに言った。たとえ日本人が野蛮であっても、共通の福祉を守る世界の指導者たるわれわれとしては、この恐るべき爆弾を、かつての首都にも新しい首都にも投下することはできない。その点で私とスティムソンは完全に一致している。目標は、軍事物に限られる。」とある。

1945年7月25日、マンハッタン計画の最高責任者レスリー・グローブスが作成した原爆投下指令書が発令される(しかし、それをトルーマン大統領が承認した記録はない)。ここで「広島・小倉・新潟・長崎のいずれかの都市に8月3日ごろ以降の目視爆撃可能な天候の日に「特殊爆弾」を投下する」とされた。

1945年8月2日、第20航空軍司令部が「野戦命令第13号」を発令し、8月6日に原子爆弾による攻撃を行うことが決定した。攻撃の第1目標は「広島市中心部と工業地域」(照準点は相生橋付近)、予備の第2目標は「小倉造兵廠ならびに同市中心部」、予備の第3目標は「長崎市中心部」であった。

1945年8月6日、広島市にウラニウム型原子爆弾リトルボーイが投下された。

1945年8月8日、第20航空軍司令部が「野戦命令第17号」を発令し、8月9日に2回目の原子爆弾による攻撃を行うことが決定した。攻撃の第1目標は「小倉造兵廠および市街地」、予備の第2目標は「長崎市街地」(照準点は中島川下流域の常盤橋から賑橋付近)であった。

1945年8月9日、第1目標の小倉市上空が八幡空襲で生じた靄による視界不良であったため、第2目標である長崎市にプルトニウム型原子爆弾ファットマンが投下された。

1945年8月10日、トルーマンが全閣僚を集め、これ以上の原爆投下を中止する指令を出す。

日本への原子爆弾投下 ウィキペディアより。

KYOTO1

2519307012

http://www.bbc.com/news/world-asia-33755182
https://www.reddit.com/r/history/comments/3gdfti/the_man_who_saved_kyoto_from_the_atomic_bomb_just/
https://answers.search.yahoo.com/search?fr=uh3_answers_vert_gs&type=2button&p=%20Kyoto%20%20Atomic%20Bomb
以下京都が原爆投下のリストに入っていたことについての海外の反応↓



・なんで原爆は広島と長崎に落とされたのか?

・実は京都も原爆投下のリストに入っていたんだけど、ヘンリー・スティムソン長官の判断でリストから外されたんだよ。
アメリカが作成したリストには優先順位の高い順に以下の4つの都市が含まれてた↓

京都
広島
横浜
小倉

当初のリストには長崎は入ってなかったんだよね。

・ヘンリー・スティムソン長官は新婚旅行で京都を訪れていたからね。
だからそこに原爆を落としたくはなかったんだろうよ。

・最終的に長崎もリストに入ったんだけど、実は優先順位では小倉よりも下だった。
そして当日は小倉に落とすつもりで発進した爆撃機だったが、小倉上空が雲で覆われてた為に長崎に変更になった。
京都を救ったのはヘンリー・スティムソンだったが、小倉を救ったのは雲だったんだよ。

・京都は自分も訪問したことがあるけど、歴史ある素晴らしい都市でもあり、文化的にも重要な都市だからね。

・↑それを言うなら長崎だって歴史のある都市だぞ。
長崎はオランダと長年に渡り貿易してた歴史もあるし、キリスト教徒の人達も沢山暮らしてた。

・京都にはユネスコの世界遺産に認定されてる場所が17か所もある。
もし京都に原爆が落とされてたら、それは日本だけでなく世界にとっての損失になってただろう。

・もし京都に原爆が落とされていたらと想像すると恐ろしいよね。
それは京都の文化財産にどれだけの影響を及ぼしていただろうか?
私は京都に原爆が落とされなくて本当に良かったと思ってるよ。

・広島と長崎って一体・・・。

・ぶっちゃけ歴史的な場所どうこうもあるけど、それよりも重要なのは数万人という人達の命だったんだけどな。
結局どこに落としても多くの犠牲者が出たというのは変わらないんだよな。

・正直原爆投下じゃなくて、普通に空爆するだけじゃ駄目だったのだろうか?

・↑それは日本に強いメッセージを送る為だろうな。
殺人事件で例えるなら、ナイフでの刺殺事件より、斧で胴体を真っ二つにした殺人事件の方がより強烈なインパクトが残るだろう。
原爆投下というのはそれと同じことだよ。

・原爆投下はする必要があったよ。
だって日本は降伏しないでアメリカと全面的に戦うつもりでいたんだからね。
原爆を落とすことによって戦争を終結することが出来たんだから。

・アメリカは日本本土に侵攻しないで勝利を治めたかったんだよ。
アメリカが日本本土に侵攻して全面戦争が続いた場合、最悪100万人の死者が出るだろうとの試算もあったからね。

・日本は戦争を始め4年間もの間戦い続けたからな。
原爆投下はそれに対する報復攻撃だよ。
それは正当化されるに値する行為だ。

・↑民間人を大量に殺害することは正当化出来ないけどな。

・しかしそれにより戦争を終結することは出来た。

・復讐で民間人を虐殺することなど絶対に正当化出来ないよ。
それはISISの連中がやってることと同じだぞ。


おすすめ記事↓

焼け野原となった東京の映像に世界が驚き! 海外の反応。

海外「原爆投下は戦争犯罪だよ、正当化してる人がいるけど信じられないことだ!」

ナチスオタクの日本人を見た外国人の反応。

ソ連が開発した水素爆弾の威力がヤバ過ぎる・・・広島型原爆の6666倍!? 海外の反応。

日本とロシアってまだ戦争中だったの!? 海外の反応。

なぜ日本は日露戦争でロシアに勝てたのか!? 海外の反応。

外国人「原爆投下直後と現在の広島の比較映像が凄過ぎる!」 海外の反応。

外国人「東京大空襲はとんでもない大虐殺だよ!」 海外の反応。

新宿駅で迷いまくる外国人。 海外の反応。

外国人「90年代の日本車はどれも素晴しかった!」 海外の反応。

日本のアニメキャラの死に方に世界が大ウケ(笑) 海外の反応。

日本の軽のバンって凄いな! 海外の反応。

外国人「日本の学校ってマラソン大会までやるの!?」 海外の反応。

ブログランキング参加してます。もし宜しかったら応援して貰えるとブログ更新の励みになります^^


banner



(皆様のコメントお待ちしております^^ ※コメ削除とNGワードはライブドア基準です。ヘイトスピーチなどに該当するコメントは規制されてしまう可能性があります。ご迷惑お掛けしますがご了承ください)