「現代F1の難解すぎる技術は必要ない」とチーム代表が主張

 ザウバーのチーム代表モニシャ・カルテンボーンは、F1の技術は複雑になりすぎており、関係者であっても理解するのが困難なレベルであるとして、この点を変えていく必要があると語った。

 技術的な進化を推し進めてきたF1は、2014年にはV8エンジンに代わってV6ハイブリッドターボを採用した。

 英AUTOSPORTの親会社が行った調査では、多くのファンがF1が技術の面で先導役になることを望んでおり、F1における技術を重要視していることが分かっている。

 F1の魅力を最大限に引き出すために何が必要かという問いに対し、約80パーセントのファンが技術の開拓が重要であると答えた。

 しかしカルテンボーンは、今のF1の技術は行き過ぎていると考えている。
「ある意味、あまりにも専門的になりすぎて、F1関係者であっても完全には理解できないほどです」とカルテンボーンは言う。

「本当にそこまで必要でしょうか? 私は必要ないと思います」

「ここは技術の世界ではないのです。もちろん、技術で優れていることはF1の一部です。それでも他の利益についても考えて、バランスをとるべきです」

 F1のモータースポーツ担当マネジングディレクター、ロス・ブラウンはF1の改革案のひとつとして、NASCARの車検システムを取り入れるというアイデアを検討している。

 NASCARでは予選と決勝の前に技術的チェックが義務づけられているが、マシンはライバルチームや一般の人々が見られる状態に置かれている。決勝後には優勝車を含む一部マシンがNASCARのR&D施設に持っていかれ、車検の様子がオンラインでファンに公開される。

 ロス・ブラウンは、各車が持つ秘密の一部を取り除くことで、各チームの競争力が増すかもしれないと考えている。カルテンボーンはこういったシステムの採用に前向きな見解を示した。


2017年F1オーストラリアGP 予選後、メルセデスのマシンを観察するセバスチャン・ベッテル

「そんなふうに開示性を高めるのはいいことだと思います。これによってこのスポーツを見通せるようになり、このスポーツへのつながりを提供することになります」とカルテンボーン。

「そうでないと、一般の人たちは遠くから見るしかなくなります。テレビを通してとか、フェンス越しにとか、距離があるわけです」

「それを変える必要があります。オープンにし、他のスポーツがどうやって成功を収めているのかを分析するのです。もう少しオープンにすべきです」