【iOS 11】各種設定を簡単に移行できる「自動セットアップ機能」が用意されている

iOS 11」には古いデバイスから新しいデバイスに情報を移行することができる「自動セットアップ機能」が用意されている。iPhoneまたはiPadを買い替えた際に役立ちそうだ。

「AirPods」をiPhoneに近づけるとペアリングのメニューが表示されるように、「iOS 11」が動作する既存デバイスに「iOS 11」が動作する新デバイスを近づけることによって「自動セットアップ機能」のメニューが表示される仕組み。

情報の移行は「Apple Watch」をiPhoneとペアリングする際に表示されるアニメーションの読み取り作業を介して行われ、Wi-Fi設定、iCloudキーチェーン、「Apple ID」「Touch ID」、位置情報の設定、Siri、「Apple Pay」などをまとめて設定することが可能。

MacRumorsが一連の流れを動画で解説していたので、紹介しておく!

感覚的には一度端末をバックアップしてから移行した方が早いような気もするが、手元にバックアップを取るためのコンピューターがないという人にとっては新しい端末をすぐに使い始めることができるため、便利そうだ。