ル・マン24時間はポルシェ2号車が逆転優勝! 3連覇で19回目の勝利を飾る。トヨタは9位フィニッシュ

 世界三大レースのひとつで、伝統ある第85回ル・マン24時間耐久レースは6月18日、フランスのサルト・サーキットで現地時間15時、長い戦いのチェッカーフラッグが振られた。優勝は残り1時間07分でトップを奪った2号車ポルシェ919ハイブリッド(ティモ・ベルンハルト/アール・バンバー/ブレンドン・ハートレー)で、ポルシェはル・マン24時間通算19勝目を飾っている。

 前週に行われたテストデーから、トヨタ優位の事前予想で始まった2017年のル・マン24時間。耐久クラシックを制したのは、最多の19回目のル・マン勝利となるポルシェだった。

 レースは序盤、ポールポジションからスタートした7号車トヨタTS050ハイブリッドがリードを築き、8号車トヨタ、1号車ポルシェが続く展開となったが、8号車はスタートから8時間近くにフロントモーターのトラブルで長い修理を強いられることに。また、深夜1時前後に、小林可夢偉がドライブしていた7号車トヨタはクラッチのトラブルで、上位につけていた9号車トヨタは接触からタイヤバーストを喫し、車体を破損しリタイアに。9号車をドライブした国本雄資にとっては悔しい初ル・マン挑戦となった。

 これで最上位クラスのLMP1-Hは1号車ポルシェがリード。チームメイトの2号車ポルシェはスタートから3時間半ほどでフロントアクスルドライブのトラブルに見舞われたが、1時間05分で車両を修復。そこからはノートラブルで順位を挽回していた。

 トヨタ勢の相次ぐアクシデントにより、ポルシェの2台が優勢と思われたが、スタートから20時間というところで、それまで首位だった1号車ポルシェが油圧と思われるトラブルでリタイア。この結果、トヨタ、ポルシェが参戦する最上位クラスのLMP1-H勢は全車がトラブルに見舞われる結果となり、アマチュア向けのLMP2クラスに参戦する、ジャッキー・チェンDCレーシングの38号車オレカが総合首位に浮上する予想外の展開となった。


2号車ポルシェ919ハイブリッド
8号車トヨタTS050ハイブリッド
8号車トヨタTS050ハイブリッド
フィニッシュ直前、国本雄資、小林可夢偉、脇阪寿一アンバサダーらと話す豊田章男社長
フィニッシュ直前、国本雄資、小林可夢偉、脇阪寿一アンバサダーらと話す豊田章男社長
LMP1の表彰台も行われ、総合9位/クラス2位となった8号車トヨタのクルー、豊田章男社長も表彰台に上がった。
LMP1の表彰台も行われ、総合9位/クラス2位となった8号車トヨタのクルー、豊田章男社長も表彰台に上がった。
優勝を飾った2号車ポルシェ919ハイブリッド(ティモ・ベルンハルト/アール・バンバー/ブレンドン・ハートレー)
優勝を飾った2号車ポルシェ919ハイブリッド(ティモ・ベルンハルト/アール・バンバー/ブレンドン・ハートレー)

■トラブルを解消した2号車ポルシェが逆転。総合2〜3位はLMP2に

 しかし、レース序盤のトラブルから追い上げをみせた2号車ポルシェが、その速さを活かし順位を上げると、レース残り1時間07分のインディアナポリスコーナーの進入で38号車をオーバーテイク。そのままチェッカーまで逃げ切り、メーカーワークスとしての面目を保つ勝利を飾った。ポルシェにとってはル・マンでの19勝目となり、13勝のアウディに対して差を広げた。

 一方、トラブルを1時間59分かけて修復した8号車トヨタTS050ハイブリッド(セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デイビッドソン/中嶋一貴)は、ファステストラップを記録しながら追い上げをみせたものの、最終的な順位は9位/LMP1クラス2位という結果に。トヨタ自動車豊田章男社長も訪れ必勝を期したレースだったが、表彰台も獲得できない結果に終わってしまった。

 総合2位は、LMP2クラス優勝となったジャッキー・チェンDCレーシングの38号車オレカ(ホー-ピン・タン/トーマス・ローレン/オリバー・ジャービス)。俳優のジャッキー・チェンがオーナーを務めるチームにとっては嬉しい結果に。総合3位/クラス2位はヴァイヨン・レベリオンの13号車オレカ、総合4位/クラス3位はジャッキー・チェンDCレーシングの37号車オレカという結果となった。平川亮が乗り込んだG-ドライブ・レーシングの22号車オレカは、アクシデントにも見舞われクラス18位でレースを終えた。

 5メーカーのスポーツカーが争うLM-GTEプロクラスは、最後まで非常に激しい展開となった。終始5メーカーのマシンが同一周回でトップを争い続けたが、最後は63号車シボレー・コルベットC7.Rとがピットストップで97号車アストンマーチン・バンテージ(ダレン・ターナー/ジュリアン・アダム/ダニエル・セラ)を先行。ファイナルラップの1コーナーまでバトルを展開しながら、最後は97号車アストンマーチンが大逆転で優勝を飾った。63号車コルベットは、アストンとのバトルのなかで接触し、左フロントタイヤを破損。67号車フォードGTが最後に2位を獲得し、63号車は3位となった。

 LM-GTEアマクラスは、JMWモータースポーツの84号車フェラーリ488 GTE(ロバート・スミス/ウイリアム・スティーブンス/ドリス・バンスール)が優勝。クリアウォーター・レーシング勢では、澤圭太が乗り込んだ61号車フェラーリがクラス5位でフィニッシュ。加藤寛規が乗り込んだ60号車は、クラス11位でチェッカーを受けた。

優勝を飾った2号車ポルシェ919ハイブリッド(ティモ・ベルンハルト/アール・バンバー/ブレンドン・ハートレー)
優勝を飾った2号車ポルシェ919ハイブリッド(ティモ・ベルンハルト/アール・バンバー/ブレンドン・ハートレー)
LMP2の優勝&3位となり、デイトナフィニッシュを決めたジャッキー・チェンDCレーシングの2台
LMP2の優勝&3位となり、デイトナフィニッシュを決めたジャッキー・チェンDCレーシングの2台
チェッカー間際に展開された97号車アストンマーチンと63号車コルベットのバトル
チェッカー間際に展開された97号車アストンマーチンと63号車コルベットのバトル
総合の表彰台。LMP2チームが2位〜3位に入った
総合の表彰台。LMP2チームが2位〜3位に入った
LM-GTEプロを制した97号車アストンマーチンのクルー
LM-GTEプロを制した97号車アストンマーチンのクルー
LMP2の表彰台
LMP2の表彰台
LMP1の表彰台も行われ、総合9位/クラス2位となった8号車トヨタのクルー、豊田章男社長も表彰台に上がった。
LMP1の表彰台も行われ、総合9位/クラス2位となった8号車トヨタのクルー、豊田章男社長も表彰台に上がった。
完走を果たした61号車フェラーリの澤圭太
完走を果たした61号車フェラーリの澤圭太
完走を果たした60号車フェラーリの加藤寛規
完走を果たした60号車フェラーリの加藤寛規