F1アゼルバイジャンGP 20人のタイヤ選択発表。メルセデスとフェラーリが同じチョイス

 F1公式タイヤサプライヤーのピレリが、F1第8戦アゼルバイジャンGPにおける各ドライバーのタイヤ選択を発表した。  

  アゼルバイジャンGPのためにピレリが選択したのはホワイト・ミディアム、イエロー・ソフト、そしてレッド・スーパーソフト。全員が決勝用に取っておかなければならないのはソフト1セットおよびミディアム1セットで、このうち少なくとも1セットは決勝で使用する必要がある。


アゼルバイジャンGP 20人のタイヤ選択

 予選Q3用にキープしておかなければならないのはスーパーソフト1セット。Q3に進出したドライバーは予選後にこのセットをピレリに返却しなければならないが、他のドライバーは決勝用に取っておくことができる。

今回のレースでは大半のドライバーがミディアム1セット、ソフト4セット、スーパーソフト8セットの組み合わせを選択。マクラーレンのフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンのふたりは全ドライバー中最多となる10セットのスーパーソフトをチョイスした。

 F1第8戦アゼルバイジャンGPは、6月23日(金)〜6月25日(日)にアゼルバイジャンのバクー市街地コースで開催される。