冨安健洋、泡立て器片手に「PERFECT HUMAN」熱唱!ボローニャ新加入選手の儀式で同僚から喝采

冨安健洋、ボローニャ新加入選手の“儀式”に…泡立て器片手にPERFECT HUMANを熱唱
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190719-00010013-goal-socc

今夏の移籍市場でセリエAボローニャに加わったDF冨安健洋は、新チームで早くも“つかみ”を手にしたようだ。

現在、ボローニャはイタリアのカステルロットで合宿を行っている。同チームの新加入選手には、チームメートの前で歌を披露することが慣例となっており、冨安もその儀式へと臨んだ。

ボローニャは公式SNSのストーリー機能を通して、冨安が熱唱するシーンを公開。冨安はチームメートに囲まれた中央で椅子の上に立ち、泡立て器をマイクに見立てて「RADIO FISH/PERFECT HUMAN」を熱唱。前傾姿勢で両腕を後方へと広げる振り付けでステップを踏み、チームメートから大喝采を受けた。

このシーンについてはイタリア『スカイ』も「ボローニャのトミヤスは狂気の儀式で見事な歌唱を見せている」と伝えた。

その中では「ボローニャが新たに契約した1人、トミヤス・タケヒロはすでにカステルロットの合宿所で、チームメートのアイドルとなっている。この日本人はクラブの古典的な歓迎儀式で主役を演じた。20歳の日本人はキッチンで使われる泡立て器を手にすると、ハイトーンボイスで日本の歌を披露した」と紹介されている。

ボローニャへ加わったばかりの冨安だが、新チームで持ち前の強心臓ぶりを披露し、早くもチームメートの心をつかんでいるようだ。

冨安健洋 Part3
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1562506268/

▼記事の続きを読む▼