MotoGP第7戦カタルーニャGP初日総合でクアルタラロがトップタイム。中上も3番手で出だし好調

 MotoGP第7戦カタルーニャGPのフリー走行1回目、2回目が行われ、ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)が初日総合トップタイムをマーク。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は総合3番手で初日を終えた。

 カタルーニャGPにはワイルドカードとしてブラッドリー・スミス(アプリリア・レーシング・チーム)、シルバン・ギュントーリ(チーム・スズキ・エクスター)がエントリー。また、6月13日には1949年から始まったロードレース世界選手権が70周年を迎えたことを祝し、正装姿のMotoGPライダーが一堂に会した写真撮影会なども行われた。


ロードレース世界選手権70周年を記念して行われたMotoGPライダーによる撮影会

 フリー走行1回目は気温23度、路面温度24度のドライコンディションで行われた。セッション開始15分を過ぎて、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)がトップタイムをマーク。フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)が2番手、アレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)が3番手に続く。

 しばらくマルケスがトップをキープしていたが、セッション残り時間15分を迎えるころに、マーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)がマルケスのトップタイムを0.043秒更新してトップに浮上。

 2番手にマルケス、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ミッション・ウィノウ・ドゥカティ)が3番手につけ、同じくドゥカティ勢のジャック・ミラー(プラマック・レーシング)が4番手に続く。前戦イタリアGPで初優勝を飾ったダニロ・ペトルッチ(ミッション・ウィノウ・ドゥカティ)は上位に浮上できずにいる状況。

 残り時間10分を切るころ、中上がタイムを更新。トップから0.168秒差の4番手につける。さらに残り時間5分で、マルケスがトップに浮上。マルケスはその翌周、そして最後のアタックでもタイムを詰め、このセッションをトップで終えた。

 マルケスはスペシャルヘルメットでカタルーニャGP参戦
マルケスはスペシャルヘルメットでカタルーニャGP参戦

 2番手にはラストアタックでポジションを上げたクアルタラロf、3番手にビニャーレスとヤマハ勢が続き、4番手はドヴィツィオーゾ、中上は最終的にトップのマルケスから0.348秒差の5番手だった。

 カタルーニャGPでは、ホルヘ・ロレンソ(レプソル・ホンダ・チーム)が、新しい形状の燃料タンクを投入。タンクの両サイドに小さな突起がついた形状となった。ロレンソはドゥカティ在籍中の2018年シーズン途中にも、タンクの形状を変更している。ロレンソはフリー走行1回目では17番手だった。

タンクの両サイドに突起のようなものがついたロレンソの新しいタンク形状
タンクの両サイドに突起のようなものがついたロレンソの新しいタンク形状

■初日総合を制したクアルタラロ。中上も3番手につける

 フリー走行2回目は気温26度、路面温度42度と、フリー走行1回目に比べ路面温度が大幅に上昇するなか、ドライコンディションで始まった。序盤からトップにつけたのはミラー。ドヴィツィオーゾ、クラッチローが続く。

 ミラーは終盤までトップを守っていたが、アレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)が1分40秒727でトップタイムを記録。セッションが残り時間3分となるころには、ドヴィツィオーゾがリンスのタイムを更新する。

 そのドヴィツィオーゾを、最後のアタックで上回ったのが、クアルタラロ。ルーキーのクアルタラロは1分40秒079のタイムをマークしてフリー走行2回目、そしてカタルーニャGPの初日総合をトップで終えた。クアルタラロは前戦イタリアGP後、右前腕の腕上がりの手術を受けてこのカタルーニャGPに臨んでいる。

 2番手にはドヴィツィオーゾがつけ、そして3番手には中上が浮上。中上はカタルーニャGP初日としても総合3番手で終え、前戦イタリアGPで自己ベストリザルトの5位を獲得した流れを維持しているようだ。

カタルーニャGP初日を総合3番手で終えた中上
カタルーニャGP初日を総合3番手で終えた中上

 4番手にはレッドブル・KTM・ファクトリーレーシングのポル・エスパルガロ、5番手にはルーキーのフランセスコ・バニャイア(プラマック・レーシング)がつけている。

 フリー走行1回目でトップタイムをマークしたマルケスは、このセッションでフリー走行1回目のタイムを更新することができず、17番手。初日総合としては9番手だった。