【iOS 11】iPhoneの音量調整スライダー、動画の上ではなく右上に表示される仕様に

iOS 10」までは動画再生中に音量を調整した場合、音量バーが動画の上に表示され再生中のコンテンツを覆うUIだったが、iOS 11」から画面の右上に表示される仕様になっていることが@Turqmelonのツイートで明らかになっている。

これは動画を楽しむ多くのiPhoneやiPadユーザーから改善要望の声が上がっていた機能の1つ。YouTubeなどの一部アプリは再生中のコンテンツを邪魔しないようなUIに変更されているが、対応していないアプリは画面のど真ん中を音量バーに埋め尽くされる。

例えば、こちらがDropboxアプリ内で動画を再生した時のUI。最高にテンションの上がるオープニングを再生中であるのにも関わらず、見事なまでに画面中央を音量バーが覆っている。
New Volume Slider UI for iOS 11 02

対して、こちらがYouTubeのUI。画面上部に細くスライダーバーが表示され、動画を邪魔しないデザインになっている。
New Volume Slider UI for iOS 11 01

小さい仕様変更ではあるが、動画コンテンツの消費が増えていることを実感する今日この頃だからこそ標準でコンテンツを邪魔しないUIに切り替えたのはとても良いことではないだろうか。

(via MacRumors

もっと読むiOS 11に関する記事まとめ