日本代表、ボリビアに1-0勝利!堂安律がドリブル突破で決勝点演出 まとめその2(関連まとめ)

堂安ドリブル突破で決勝点演出「もっとできる」 サッカー日本代表ボリビア戦
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190326-00000028-kobenext-socc

サッカー日本代表は26日、神戸市兵庫区のノエビアスタジアム神戸で国際親善試合に臨み、ボリビア代表に1-0で競り勝った。神戸での代表戦は6年ぶりで、満員の2万8133人の観客が詰め掛けた。

 その足元にぴたりとボールを収め、歓声を浴びながら敵陣へ迫った。後半途中出場の堂安律(尼崎市出身)は鮮やかなパスカットでカウンターの起点となり、鋭いドリブル突破で決勝点を演出。地元で初の凱旋(がいせん)試合を勝利で飾り、「流れを変えなくちゃいけないと思っていた。勝って良かった」と納得した。

 後半16分、宇佐美に代わりピッチへ。同じく途中投入された中島、南野との新ビッグ3でチャンスメークに奔走し、リズムをつくった。

 試合後に「0点です」と振り返ったコロンビア戦から一転、役割を果たしたが「まだまだ課題はある。もっとできる。努力してアピールするだけ」と、貪欲な20歳。地元でつかんだ手応えを、オランダに戻って確信に変える。(長江優咲)

【フローニンゲン】堂安律part6
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1553069057/

▼記事の続きを読む▼