マクラーレンF1、2019年型マシン『MCL34』をアンベイル。新コンビで再起目指す

 2月14日、マクラーレンF1チームは、2019年型F1マシン『MCL34』をオンラインで正式発表した。

 マクラーレンは2018年、ホンダからルノーのパワーユニット(PU/エンジン)に変更し、フェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンのふたりでコンストラクターズランキング6位を獲得した。

 2019年は、ルノーのパワーユニットに変更し2年目のシーズン。ドライバーは、ルノーから移籍してきたカルロス・サインツJr.と、2018年にFIA F2に参戦しランキング2位を獲得したランド・ノリスの新コンビに。ノリスは今年F1デビューを果たすルーキードライバーだ。

 ニューマシンについては、2017年から使用される『MCL』のシャシー名が、今シーズンも継続して使用され『MCL34』の名称に。カラーリングはマクラーレン伝統のパパイヤオレンジをベースに、ブルーに彩られた。