ホンダPUとの提携2年目を迎えるトロロッソF1が2019年の新車『STR14』を正式発表

 2月11日、スクーデリア・トロロッソが、ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)を搭載する2019年型マシン『STR14』をオンラインで発表した。

 全チームに先駆けてニューマシンを発表したトロロッソ・ホンダだが、昨年のカラーリングを踏襲し青ベースのボディに赤いラインが入ったスタイリッシュなデザインとなっている。

 2019年のトロロッソはドライバーラインナップを一新し、およそ1年ぶりにF1復帰を果たすダニール・クビアト、2018年FIA F2でランキング3位となったアレクサンダー・アルボンを起用する。

 マクラーレンとの袂を分かち、トロロッソ・ホンダとして初のシーズンを戦った昨年は、コンストラクターズランキング9位に終わった。

 しかし、2019年型『STR14』は、レッドブル・テクノロジーとの協力関係が強化され、リヤパート(パワーユニット、ギヤボックス、サスペンション)など規則で許される範囲のすべてがレッドブル製となる。そのため、フェラーリから部品の提供を受けているハース同様、大きな飛躍が期待できるだろう。


トロロッソ・ホンダF1、2019年の新車『STR14』を正式発表