RAYBRIG NSX-GTの恒例“テスト専用カラー”が東京オートサロンに登場

 1月11日、千葉県の幕張メッセで開幕した東京オートサロン2019。中ホール5にあるRAYBRIGブースには、これまでのRAYBRIG NSX-GTとは違う、ゼッケン1番をつけたRAYBRIG NSX-GTが展示されている。

 2018年のスーパーGTで、山本尚貴とジェンソン・バトンンのふたりがドライブしたRAYBRIG NSX-GTは、見事チーム創設以来初めてのチャンピオンを獲得した。ただ今回の東京オートサロンでは、2台のRAYBRIG NSX-GTが展示されているのだ。

 RAYBRIGブースの向かい側、ホンダブースに展示されているのは、2018年チャンピオンカーである、ゼッケン100をつけたRAYBRIG NSX-GT。しかしRAYBRIGブースにあるのはゼッケン1だ。しかもカーボンブラックをベースに、見たことがないカラーリングパターンが施されている。

 実はこのRAYBRIGブースの1号車は、TEAM KUNIMITSUがこれまで数多く使用してきた“テスト専用”のカラーリングなのだとか。このテスト専用カラーはこれまでもホンダHSV-010やNSXコンセプト-GT等で採用され、多くのファンを集めたカラーリングだ。

 今後開幕戦が近づくまでは、このカラーの走行シーンも見られるはずだ。


テスト専用のカラーリングが施されたRAYBRIG NSX-GT

テスト専用のカラーリングが施されたRAYBRIG NSX-GT

ホンダブースに展示された2018年カラーのRAYBRIG NSX-GT