ルノーF1、チーム名変更と新ロゴを正式に発表

 ルノーが、F1チームの名称を変更することを発表した。2018年12月4日から「ルノーF1チーム」の名称を使用する。

 2016年にワークスチームとしての参戦を再開して以来、「ルノー・スポール・フォーミュラワン・チーム」として活動してきたルノーだが、11月に発表された2019年F1エントリーリストには、チーム名は「ルノーF1チーム」と記されていた。

 12月4日、ルノーは正式にチーム名変更を発表した。「40年以上にわたりルノーとフォーミュラ1との間に存在してきた関係を強固にすることを目的に、よりシンプルで自然な名称を採用した」とルノーの声明には記されている。

「この新名称と新ロゴは、ルノー社の製品、とりわけスポーツ分野における製品を支えつつ、ルノーの評価とブランドイメージをF1参戦を通して向上させるという戦略的目的を達成することに役立つはずだ」

 新ロゴは、ルノーのエンブレム“ロザンジュ”と文字を分けるラインをなくした、コンパクトなものとなっている。


“ルノー・スポール・フォーミュラワン・チーム”のロゴ