App Store、デベロッパーへの累計収益額が700億ドルを突破

Appleは6月1日、Business Wireを通じてApp Storeが2008年にサービス開始して以来、累計売上が700億ドルを突破したことを発表した。また、過去12ヶ月におけるダウンロード数は70%も増加している。

アプリの定期購読課金は現在25種類のカテゴリで展開され、契約数は昨年比で58%増えている。NetflixやHuluなどの動画サービスが多いかと思いきや、レシピネットワークアプリ「Tastemade」や写真編集アプリ「Over」や「Enlight」も提供している。

売上が最も大きいカテゴリは「ゲーム」と「エンターテインメント」となっているが、「ライフスタイル」や「ヘルスケア/フィットネス」は昨年比で70%も成長。「写真/ビデオ」カテゴリは特に成長スピードが早く、昨年比で90%も伸びた。

一般的にはこのような発表内容はWWDCで発表されることが多いが、今回はこのような形でプレスリリースを通じて進捗を発表。実は、昨年もApp Storeの大幅刷新をWWDC開催直前に発表していた。

「WWDC 2017」では各種OSのアップデートに加え、10.5インチ型「iPad Pro」やSiri搭載スピーカー新しい「MacBook Pro」、12インチ型MacBook、そして13インチ型「MacBook Air」が発表されると噂されている。Appleは基調講演の時間に収まらないと判断し、App Storeに関するデータを事前に発表した可能性は十分にありそうだ。