ユベントス、C・ロナウドまさかの一発退場もバレンシアに2-0完封勝利!ピャニッチPK2発でCL初戦白星発進

ユヴェントス、ロナウドまさかの退場も完封勝利…ピャニッチがPK2発/CLグループH第1節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000026-goal-socc

チャンピオンズリーグ(CL)グループHの第1節が行われ、ユヴェントスはバレンシアとアウェーで対戦した。

ユヴェントスの前線にはクリスティアーノ・ロナウド、フェデリコ・ベルナルデスキ、マリオ・マンジュキッチといった面々が先発。試合は敵地に乗り込んだユーヴェが実力差を見せる形で、前半から次々とチャンスを作り出す。

マンジュキッチ、サミ・ケディラ、ロナウドといずれも決定的なシーンを生み出すが、シュートが枠に飛ばず、ゴールを割るには至らない。すると29分にまさかのアクシデント。ロナウドがボールのないところでの相手DFと小競り合いから一発退場を命じられてしまう。ロナウドは涙を浮かべて抗議するも、判定は覆らず、ユヴェントスは数的不利となる。

逆に一人多くなったバレンシアが、ミヒー・バチュアイなどが決定機を作り出すも、前半終了間際に落とし穴。ダニ・パレホがペナルティーエリア内でジョアン・カンセロにハイキックを見舞ってしまい、PKを献上。これをミラレム・ピャニッチが冷静に決め、ユヴェントスが1点リードで前半を終える。

さらに後半開始早々、レオナルド・ボヌッチがコーナーキックでジェイソン・ムリージョに倒されて、ユヴェントスが再びPKを獲得。キッカーはピャニッチで1点目と同じくゴール右に決め、追加点を奪う。

後半に入ると、ユヴェントスが守備を固めたことで試合は膠着。それでも、終盤のアディショナルタイム、バレンシアがPKを獲得し、チャンスを得る。しかし、パレホのキックはヴォイチェフ・シュチェスニーが完璧に読み切ってストップ。試合はそのまま終了し、ロナウドの退場もありながら、ユヴェントスが2-0で無失点勝利を飾っている。

■試合結果

バレンシア 0-2 ユヴェントス

■得点者

ユヴェントス:ピャニッチ(45分、51分)

セリエAを見るぞ!No.184
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1537079749/

▼記事の続きを読む▼