ヤングなでしこ、ドイツ代表を気遣うシーンをW杯公式が紹介「これぞ我らの愛するフットボール!」

【サッカー】<ヤングなでしこ>敗れた相手を気遣うシーン「美しい」決定的瞬間の1枚に海外感動!「日本は本当に素晴らしい」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1534573837/

1: Egg ★ 2018/08/18(土) 15:30:37.22 ID:CAP_USER9.net

女子サッカーのU-20ワールドカップ(W杯)フランス大会は17日、準々決勝を行い、日本代表はドイツ代表に3-1で勝利した。2大会連続での4強入りを決めたヤングなでしこ。試合終了直後に敗戦のショックのあまり、起き上がれないドイツ選手を労う、FW児野楓香(日体大)の姿が“美しい”と話題を集めている。W杯公式インスタグラムがその瞬間の画像を公開している。

 ドイツを相手に3度ゴールを揺らし、頂点まであと2勝に迫ったヤングなでしこ。その強さと同時に称賛を集めているのが、試合直後のあるシーンだった。

 敗戦のショックのあまり、ピッチに倒れこんだドイツのソフィア・クラインヘルネに歩み寄ったのはFW児野だった。傍らに座り込むと、何事か声をかけている。労いの言葉だろうか。うなだれていた、クラインヘルネも上半身を起こし、笑みを浮かべている。そして右手でがっちりと握手。試合が終われば、サッカーを愛する者同士。これぞ美しきスポーツマンシップのあるべき姿だった。

 若きなでしこが相手を気遣うシーンに、W杯公式もフォーカス。「これぞ我らの愛するフットボール!」とつづり、握手を交わす瞬間の1枚を公開すると、世界のファンも拍手を送っている。

児野の振る舞いにファンも感動「日本と日本の人々が大好き」

「地球最高のスポーツ」
「美しい」
「愛しかない」
「おめでとう日本!」
「最も尊敬される国日本」

 ドイツ人からの「日本は本当に素晴らしい国!日本と日本の人々が大好き」という感動的なコメントも書き込まれていた。

 先月のW杯ロシア大会でも、サポーターを含め称賛を集めた日本代表の振る舞い。その精神はうら若き乙女たちにもしっかりと引き継がれている。

8/18(土) 12:23配信 The-answer
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180818-00033707-theanswer-socc

写真https://scontent-sin6-2.cdninstagram.com/vp/47ef5d2666f9e2c5b4d596ffba4760ed/5C055397/t51.2885-15/e35/39383406_2157571784465789_5651736327956201472_n.jpg

▼記事の続きを読む▼