【セリエAまとめ】ナポリ、トリノと痛恨ドロー!ユーべのセリエA優勝がほぼ確定に!ラツィオもアタランタとドローでインテルとのCL圏争いが激化!ヴェローナはミランに敗れセリエB降格(関連まとめ)

ナポリがトリノと2-2ドロー セリエAは王者ユベントスのリーグ7連覇が濃厚に
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180507-00102420-soccermzw-socc

2位ナポリと首位ユベントスの勝ち点差が6に拡大 得失点差でユーベが優勢に立つ
 セリエAは、王者ユベントスの7連覇が決定的になった。現地時間6日の第36節でナポリがトリノと2-2の引き分けで終わり、勝ち点6差で残り2試合となった。

ユベントスが5日にボローニャを3-1で下して迎えた翌日、勝利して勝ち点4差に詰め寄っておきたかったナポリだったが、リードを守れない試合になった。前半25分にベルギー代表FWドリース・メルテンスのゴールで先制したものの、後半10分にMFダニエレ・バセリの同点ゴールを許した。同26分にはスロバキア代表MFマレク・ハムシクがセリエA通算100ゴールとなる勝ち越しゴールを決めたが、同28分にイタリア代表DFロレンツォ・デ・シルヴェストリにゴールを決められ、2-2で引き分けた。

 この結果、残り2節でユベントスが勝ち点91、ナポリが勝ち点85の6ポイント差となった。セリエAでは勝ち点が並んだ場合は当該チーム同士の対戦成績が優先される。直接対決はともにアウェーチームが1-0で勝利する全くの五分となり、差がつかなかった。その次に、リーグ全体の得失点差はユベントスがプラス61、ナポリがプラス45と16点差があるため、ユベントスが2敗した上でナポリが2勝し、さらにこの得失点差を逆転しない限りはユベントスを上回ることができなくなった。

 ユベントスは9日にコッパ・イタリアの決勝でACミランと対戦し、13日のナイトゲームでローマとのアウェーゲームを控える。一方のナポリは、同時間帯にサンプドリアとのアウェーゲームとなる。前人未到のリーグ7連覇を目指すユベントスは、来週にも国内二冠を手中にする大きなチャンスが訪れることになった。


ユーヴェ、7連覇まで勝ち点「1」に迫る…ヴェローナは降格/セリエA第36節

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180507-00754115-soccerk-socc

セリエA第36節が5日から6日にかけて各地で行われた。

 首位を走るユヴェントスは5日、ボローニャに3-1と勝利。勝ち点を「91」に伸ばした。そして4ポイント差の2位ナポリは翌6日、トリノと痛恨のドロー。83分の失点で2-2の引き分けに持ち込まれ、1ポイントを得るにとどまった。

 以上の結果、首位ユヴェントスと2位ナポリの差は6ポイントに開いた。残り2試合で、ユヴェントスは勝ち点「1」を積めば7連覇が決定。優勝争いの行方はほぼ決したと言える。

 また、チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いに目を向けると、3位ローマと5位インテルが勝利を収めた一方、4位ラツィオはアタランタと1-1のドロー。5位インテルと4位ラツィオの差は2ポイントに縮まっている。

 なお今節では、19位ヴェローナのセリエB降格も決定。ミランに1-4と敗れて5連敗となり、19位でのフィニッシュが確定した。

 セリエA第36節の結果と順位表は以下のとおり。次節は21日から23日にかけて各地で開催される。

■セリエA第36節結果

ミラン 4-1 ヴェローナ
ユヴェントス 3-1 ボローニャ
ウディネーゼ 0-4 インテル
ラツィオ 1-1 アタランタ
SPAL 2-0 ベネヴェント
キエーヴォ 2-1 クロトーネ
ジェノア 2-3 フィオレンティーナ
ナポリ 2-2 トリノ
サッスオーロ 1-0 サンプドリア
カリアリ 0-1 ローマ

セリエAを見るぞ!No.174
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1524959179/

▼記事の続きを読む▼