岡崎先発のレスター、イボーラ・ヴァーディ弾で苦しみながらもブライトンに2-0勝利!(関連まとめ)

レスターが苦しみながらもアウェイで勝利…岡崎は56分にシュート0で途中交代
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180401-00736407-soccerk-socc

プレミアリーグ第33節が31日に行われ、岡崎慎司が所属するレスターがブライトンと対戦した。岡崎はスタメンに選ばれた。

 前半スコアレスで折り返したレスターは46分、クリアボールを拾われると、ペナルティエリア外でボールを持ったパスカル・グロスにシュートを打たれる。これはGKのファインセーブでしのいだ。

 56分、攻め込まれていたレスターはシュート0本の岡崎に変えて、フォッセニ・ディアバテをピッチに送り込む。

 68分、自陣左サイドでFKを与えると、ゴール前にクロスを入れられる。幸いにもルイス・ダンクのヘディングシュートは枠を外れていった。

 攻め込まれ続けていたレスターは、84分にチャンスをものにする。敵陣左サイドからクロスを上げると、ゴール前上がったボールにビセンテ・イボーラが頭で合わせて、待望の先制点をものにした。

 その後、試合終了間際にジェイミー・ヴァーディがダメ押し弾を叩き込み、アウェイで勝ち点3を獲得した。レスターは次節、4月7日にニューカッスルとホームで対戦する。

【スコア】
ブライトン 0-2 レスター

【得点者】
0-1 84分 ビセンテ・イボーラ(レスター)
0-2 90+5分 ジェイミー・ヴァーディ(レスター)

≠Leicester City FC≠ 岡崎慎司 ★142
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1521110805/

▼記事の続きを読む▼